seoサポートガイド。ネット販売やWEBマーケティングの戦略として必要な技術です。

検索エンジンで上位表示させることを目的とし順位をあげることで、より多くの人の目に触れる機会を増やすことが重要となってきています。

seoサポートガイドのTOP > seo seoとは seo大阪 seo対策 > 勉強したいseo対策

目次

  1. 勉強したいseo対策
  2. fred update
  3. seo対策の必要性とワードの工夫
  4. seo対策におけるアナリティクスの活用の変化
  5. 大阪の業界最高水準のseoとは
  6. seoの基本はバズること??
  7. 大阪でSEOってしないは常識?

勉強したいseo対策

非常に奥が深く専門的で難易度が高いのがseo対策です。ですので、人から聞いた情報を頼りにseo対策を行っていても、間に合わなくなってしまう事も考えられます。

ですので、本格的にseoを行いたいと考えているのであれば、自分で勉強をしたり、試行錯誤をしたりしながら学んでいかないといけない事もあるかと思います。

もしかすると、seo対策は勉強するのが好きだという人が向いているかもしれませんね。

seo対策の専門的な事についてある程度分かる様になると、身に付けた事を仕事で活かせる事もあるかと思います。

ネット関連の仕事については、会社で働く事もできますし、またフリーランスとして活躍する人もいます。

seo会社を大阪でするなら「seo 大阪」で検索。

fred update

Google社が新たなアルゴリズムアップデートを行なったとして、話題をよんでいます。そのアップデート名はfred updateと言います。

内容としてはアドセンスにおける広告や、低品質なコンテンツを多く掲載しているサイトの順位が、軒並み下がっていることが挙げられます。

seo対策としては、ユーザー目線の良質なサイト作りの他ならないです。

今回はこのような内容になりましたが、アップデートは常に更新されていますので、油断できない状況であることが挙げられます。

サイト作りに行きづまった際には、専門の業者に問い合わせてみることをおすすめします。

seo対策の必要性とワードの工夫

ホームページの数が爆発的に増加して来た今、漠然と普通にホームページ作成をしているだけでは、安定したPV数は得られなくなりました。

ホームページ制作を進める上で、seo対策が必然の作業となりましたので、特に宣伝やアフィリエイト目的で運営している方は、環境変化に適応しなければいません。

月並みですが、ワードを工夫する、ホームページ作成時で使う単語数を増加させる、といった2種類のseo対策はかなり効果的です。

世間で流行っている単語、自分のホームページによく訪れる人々が使う検索用語を頻繁に使えば、それだけでも立派なseo対策となります。

seo対策に関連する情報

seo対策におけるアナリティクスの活用の変化

これまでseo対策を行う際には、サイトに訪れてくるユーザーのキーワードを調べるためにgoogleアナリティクスが用いられて行きました。

しかし、近年の検索アルゴリズムの更新により、暗号化されているサイトや検索結果からのユーザーの検索したキーワードは確認できなようになりました。

しかし、まだまだseo対策を行う上では、まだまだ活用事例があります。ひとつの例としては、対策をおこなった前後で流入数が増えたかどうかを確認することができます。

確認することで、対策がうまくいったのか意味がなかったのかわかるようになります。

大阪の業界最高水準のseoとは

大阪の業界最高水準のseoに関して、専門的な知識を得たい時には、各地域の顧客から絶大な支持を得ている業者に相談をする必要があります。

この頃は、seo会社と呼ばれるノウハウのある業者の活躍ぶりに注目をしている人が少なくありませんが、各業者のおおよその価格相場やスタッフの経歴の長さ、アフターフォローの質の高さなどを具体的に判断することが重要です。

その他、seo対策に必要な期間の長さについて知りたいことがあれば、まずは新規の顧客を対象とした無料相談の機会がしっかりと整っている業者を見つけることがコツです。

seoの基本はバズること??

2019年にgoogleが言語処理のアルゴリズムをBERTにしたことを公表しました。それは日本語に対しても適用されています。

これは音声での入力に対してより良い結果を出すために導入されたようですが、実際にはそれ以外のキーワード検索においても影響があるように思います。

多くのseoコンサルタントが影響はあまりないように書いていますが、本当にそうなんでしょうか?たぶん、複合、文脈などの検索、単一キーワードにおいて大きく順位が変わった可能性があります。

もしかしたら今後順位が変わっていくのかもしれません。穴埋め問題などの精度が今までにない程高い精度で答えるBERTによって、キーワードのひも付とそれに関するデータベースが確率されていると思います。

そうなると商品のメーカーであったり、大手企業のサイトが単一のキーワードで上位に表示されやすくなるでしょう。

一部のアフィリエイターはそのことを指摘していて、公式サイトの順位が上がっているなどとコメントしています。にもかかわらずseo会社は影響ないといっているこれってどちらが本当なのか?

大阪でSEOってしないは常識?

大阪ではSEO業者よりもホームページ制作会社の方が強く、ホームページ制作会社にとってはSEOは悪という感じで思っている方も少なくありません。

もしそうでないとするならSEOでもコンテンツSEOといってコンテンツを増やすことでSEOの効果を上げましょうというものをお客様に勧めているようです。

どうしてコンテンツを増やすということを強調しているのか?というのはGoogleはいいコンテンツは評価すると言っていることと、コンテンツを作成することはホームページ制作会社にとって儲けのネタになるということなのでしょう。

また、ホームページ制作会社がSEOをやっているというのもこのようなコンテンツを増やしてというようなSEOを指すことがほとんどです。

SEOの技術的なところではなくコンテンツを増やすということの一点なのです。

それは間違ったことではないが、実際にはSEOは内部施策、コンテンツを増やすこと以外の施策があるのですが、これも非常に大事なのです。

それはそれなのでしょう。内部施策もアルゴリズムの変更の度に効果が変わってくるのでその時その時に合わせるのではなく、コンテンツを増やすの一点の方がぶれないこと、わかりやすいことでお客様に理解しやすいのではないでしょうか?

たぶん、あと少し順位を上げてほしいというときにSEO的な内部施策は大きくものをいうのかもしれません。

そうでない場合はあまり評価されないのかもしれません。

まあ、言えることは極端なSEOをするぐらいならコンテンツを増やす方が安定的に順位を維持できるということなのでしょう。あなたならどんなSEOを行いますか?

やはりコンテンツをひたすら増やし続けるSEOですか?それとも内部施策も込みのSEOですか?

seo会社

会社名有限会社ティーケイティー
郵便番号〒550-0002
所在地大阪府大阪市西区江戸堀1-23-35
URLhttp://www.tkt-group.co.jp/

メニュー

TOP seoとは seo Google seo seo対策 seo大阪 ホームページ作成 ホームページ制作 ホームページ制作大阪

ページトップへ戻る