seoサポートガイド。ネット販売やWEBマーケティングの戦略として必要な技術です。

検索エンジンで上位表示させることを目的とし順位をあげることで、より多くの人の目に触れる機会を増やすことが重要となってきています。

seoサポートガイドのTOP > seo > seoとは Google seo seo対策 上位表示の戦略をねる

目次

  1. seoで上位表示の戦略をねる
  2. 通用しなくなったseo
  3. seo対策とAIのコンテンツ解釈の高度化
  4. 大阪のseoコンサルティングについて
  5. seo対策のアフィリエイトについて
  6. アフィリエイトの集客は?
  7. seoはバズった方が順位があがる??
  8. googleのアルゴリズムにseo会社は勝てるのか?

seoで上位表示の戦略をねる

他のページでもご案内しましたが、検索で上位表示することにより、アクセス数が増え、他社より優位な状況でビジネスを行うことができるチャンスとなります。

なぜなら、サイトのアクセス数が増えることにより、新規顧客などの確保にもつながる可能性が十分にあるということです。

インターネットで調べ物をするということは、何かを求めているということです。

その、検索者が欲しい情報とマッチした時、ビジネスに繋がっていくのです。

ですので、seo(検索エンジン最適化)を行う際は、検索を行われたい側と行う側との利害が一致した文言で上位表示を行う必要があります。

seo会社を大阪でするなら「seo 大阪」で検索。

通用しなくなったseo

2000年代になり、頻繁に行われる様になったseoですが、このseoが登場してから現在に至るまでずっと行われている対策方法もありますが、中には通用しなくなってしまったseoもあります。

過去に行ったseoはペナルティとして取り締まりが行われる事もあり、時として強化される事もあります。

過去には、良かれと思って行ったseoもペナルティの強化により、ある日突然取り締まられてしまう事もあります。

何も考えずに対策を続けていると、いきなり順位が低くなってしまった場合にはペナルティとして扱われてしまっている事も考えられます。

自分が行う対策については、細かいところにも注意しながら進める様にしましょう。

seo対策とAIのコンテンツ解釈の高度化

キーワード対策等のseo対策は、検索エンジンが世に登場すると同時に始まりました。

初期のサーチエンジンAIはシンプルなキーワード判定でコンテンツ内容を判断していたため、ある程度おかしい文章だったとしてもキーワードさえ十分盛り込まれており、定期的に更新されていれば「そのコンテンツはキーワードに関連したコンテンツである」と判断し、検索ページの上位に表示していました。

しかし、近年ディープラーニングの登場やアルゴリズムの高度化により単純なキーワード対策では効果を上げにくくなっています。

コンテンツの内容を正しく解釈する方向に進化しているので、よりページの内容を充実させる方向でのseo対策が求められています。

seoに関連する情報

大阪のseoコンサルティングについて

大阪には、seoのコンサルティングを専門とする業者が多数展開されていますが、本格的にホームページの集客力を高めるうえで、高度な知識を有するプロのエンジニアに対応を任せることが必要です。

そこで、いくつかのseo会社のサービスの種類やseo対策のノウハウについて、様々な観点から比較をしてみることが良いでしょう。

最近では、大阪の大手の法人を対象としたサービスの内容が充実しているseo会社について、業界内で大きく注目が集まっていますが、コンサルティングの経験が豊富なスタッフと継続的にコンタクトを取ることがコツです。

seo対策のアフィリエイトについて

アフィリエイトサイトで十分な結果を出すには、seo対策が必須となります。

seoとは、googleやYahooといった検索エンジンにおいて、検索した際に上位に表示されるように対策をすることを指します。

ホームページを作成する上で、表示結果が上位になるかならないかで、訪問者の数が変わりますので、無視のできない存在になります。

しかしながら、初めの頃は難しいことになりますので、慣れるまでしっかりと行なっていかなければなりません。

しかしながら、対策が成功できればアフィリエイトサイトでも、いい結果を出す可能性が上がります。

アフィリエイトの集客は?

アフィリエイトサイトをしっかりと作りこんだとしても、十分なseo対策ができていない場合には、しっかりとした結果を残すことができません。

何故ならば、googleやYahooといった検索エンジンで、上位に表示されることがないからです。

慣れるまでは大変な作業になってしまいますが、逆を言えば、このseo対策をしっかり行えればチャンスが広がります。

このような仕組みでインターネットは成り立っていて、Googleの作った仕組みによって、集客の量も変動するようになっています。

十分にできない場合にはインターネット内にある情報を確認したりして、作成をしていくことをお勧めします。

seoはバズった方が順位があがる??

2019年にgoogleがテキスト理解のアルゴリズムを公開しました。それがBERTなのです。これは「自然言語処理」で、これの進化によって大手企業サイトの順位が上がったのではないか?と言われています。

本当のところはわかりません。それはどういうことか?というとインターネット空間上のデータの中のテキストからサイト、ページの内容を理解するのですが、××なら何?というような問いに対する精度が高いことで有名なBERTを利用しているのです。

ということはそのような理解の精度が高くなったということなのです。これはブランディングの有り無しや枕詞や言い換えを正しく理解することなのでその影響が大手企業にとってプラスに働くと考えられます。

そうであれば、大手企業のプレスリリースや展示会などへの出展が理解されるのでバズる様な作業はリンクが張られていなくてもプラスに働く可能性があるのです。

本当のところはかなり大規模な実験をしないとわからないかもしれません。ただ、バズる様な手法が全くのマイナスになっているようには見えないので、一度試してみる必要がありそうです。

googleのアルゴリズムにseo会社は勝てるのか?

人間の話す言語の「文脈」をも理解するといわれるBERTが2019年12月10日に日本語にも対応したと発表しました。

それはきっともういい加減な内容かどうかはわかるし、言い換えも理解できるし、枕詞もわかるよということです。

今までとは全く違います。口語のようなあいまいな言い回しも理解できます。

そうなるといい加減なコンテンツも評価するようになり、検索順位もことなってくるのではないか?とも言えます。

○○は××です。という穴埋め問題を正確に解く、BERTにおいてブランディングが必要になります。

ブランディングを行うことでビッグキーワードの順位が異なってきます。しかし、それって今までのseo会社ではおこなってこなかったことではないか?と考えます。

自分のことはできても、seoのお客様のことでそんなことは不可能であるからです。そうなるともうseoという事業は難しいのかもしれません。

またはインフルエンサー的なものと合体した形でのseoでしかないのかもしれません。

そういう観点からいうと今までのseo会社は完全にgoogleに見切られていてseoは終わったと言ってもいいのではないでしょうか??

seo会社

会社名有限会社ティーケイティー
郵便番号〒550-0002
所在地大阪府大阪市西区江戸堀1-23-35
URLhttp://www.tkt-group.co.jp/

メニュー

TOP seoとは seo Google seo seo対策 seo大阪 ホームページ作成 ホームページ制作 ホームページ制作大阪

ページトップへ戻る