seoサポートガイド。ネット販売やWEBマーケティングの戦略として必要な技術です。

検索エンジンで上位表示させることを目的とし順位をあげることで、より多くの人の目に触れる機会を増やすことが重要となってきています。

seoサポートガイドのTOP > seo対策 seoとは Google seo seo

目次

  1. seoの競争率
  2. 【seo】キーワードをAIが最適判断し表示
  3. AIが過剰なseoを判断
  4. seoのテキストの書き方
  5. seoとアンカーテキストの関係について
  6. seo対策に重要なのは分析能力
  7. seoのキーワード選定
  8. 適切なseoを行う必要性
  9. 新規顧客獲得のためのseoについて
  10. seoで効率良く集客する
  11. 検索エンジンにおけるseo
  12. seo対策でサイトを育てよう

seoの競争率

インターネットの普及によりseo(検索エンジン最適化)は重要視されているが、seoをまだご存知でいない人もいるだろう。

seoとはインターネットで検索した時に表示される順位を上にあげる技術だが、上位を維持することは非常に難しいと言われている。

インターネットや本でも、頻繁にseoについて取り上げていることが多いが、seoの本質を知る人は少ないかもしれない。

キーワードによってseoの競争率は高いため、よく検索されそうなキーワードだと上位に表示させる事も難しくなる。

どの用語にするかは、しっかり検討する必要があるのではないだろうか。

インターネット検索は便利なツールになるので、今後もseoは更に複雑化し競争率が激化することが予想される。

【seo】キーワードをAIが最適判断し表示

seo対策として大きく「内部対策」と「外部対策」の2つに分けることができます。seoスパムという方法が使えるのが「外部対策」であり、検索エンジンはアルゴリズムを進化させることで、外部リンク先のサイトが優良なものか、そうでないかを判断していきました。

そしてアルゴリズムは更に進化を遂げ、AIの技術がのっかる時代となりました。

Yahoo!やGoogleなどの検索エンジンサイトでユーザーはキーワードを入れ、その検索を表示させるわけですが、これをAIが判断し、本当にユーザーが探しているサイトを表示させるというものです。

AIが過剰なseoを判断

RankBrainが被リンク、コンテンツを鑑みて、過剰なseoと判断すると順位が大きく落ちてしまします。

これが原因ですというのが見つかりにくく非常に大変です。昨日までうまくいっていたものがある日突然、ダメということが普通に置きます。

もし、フィルターにかかり順位が落ちたなら、ウエブマスターツールでペナルティーかどうかをチェックしてください。

もし、ペナルティーでないなら被リンクのアンカーテキストの集中度とコンテンツのキーワードの出現頻度をチェックしてみます。

キーワードが強調されすぎていると感じたなら、修正してみます。同時にコンテンツを増やすことをお勧めします。

seo対策に関連する情報

seoのテキストの書き方

seoの対策を立てるために、テキストの内容が充実させることはもちろん、検索エンジンのシステムをじっくりと理解することがおすすめです。

近頃は、コンピュータ関連の企業の取り組みについて、様々な情報誌などで紹介されることがありますが、最新のseoの対策の立て方をチェックすることが良いでしょう。

また、テキストの書き方については、一般の消費者にとって、短期間のうちに理解をすることが難しいとされ、早いうちからプロの助言を受けることが大事です。

その他、魅力あるコンテンツの作成方法をマスターすることが課題といえます。

seoとアンカーテキストの関係について

アンカーテキストを作成する際には、seoキーワードを含めるようにすることで、より良いものになります。

例えば、シューズの選び方についてのコンテンツであれば、シューズというキーワードと、選び方というキーワードを含めるようにすることがおすすめです。

このように、アンカーテキストにseoキーワードを含めるようにすれば、リンク先のページがより正確に評価されるようになります。

注意する点は、過剰なキーワードの詰め込みをしないということです。簡潔なフレーズを使用したり、それ単体で意味をなす単語を設定することが重要になります。

seo対策に重要なのは分析能力

今、どういった記事が受けていて、どういうユーザーがどんな答えを求めてアクセスしているのか、という分析は非常に重要です。

それはサイトの立ち上げ時だけでなく、恒久的に続いていくものであり、どういったコンテンツがユーザーに受けているのか、またこれからどういった方向性でユーザーにサービスを提供していけば良いのか、という冷静な目がseo対策には必要です。

ホットワードに対する良質な記事を書く、というのも明確なseo対策ではありますが、これらは今自分がどんなユーザーに何を求められているのか、ということを常にキャッチしつづけなければならないのです。

男子校の前で飲食店を経営するなら、おしゃれなカフェではなく、たくさんの量を提供してくれる丼もの屋、というのはすぐに分かりますが、こういったサイトに対しての需要に関しては、特殊なジャンルに特化したサイトを除いて、刻一刻と変わっていくもの。常に、敏感にキャッチしつづけましょう。

seoのキーワード選定

seo対策をする上で、最も重要なのがキーワードの選定です。

サイトに集客したいお客さんが、どんな単語を検索エンジンに入れるのかを想像し、それを意識したコンテンツを作成する必要があります。

seo初心者が選定する際に気を付けたいのは単一ワードで上位を狙ってしまうこと。

これだと月間の検索ボリュームが多く、アクセスが集めやすいように思われますが、競合が多いため上位表示の難易度が高くなります。

まずは難易度の低い複数の単語を選び、コンテンツを作るのがコツです。

Google検索ではサジェスト機能で関連する単語が複数表示されますので、簡単に調べることができます。

適切なseoを行う必要性

今はseoもある意味厳しいです。純粋にコンテンツseoをしたい人には良い面が多いので、その点では良いでしょう。

しかし、逆に何をしたらブラックハットになるのかを把握して適切なことのみを行わなければ、何も悪気がないのに突然ランク外に飛ばされたという事例が大変多いです。

そして、一度飛ばされるとクローラーが巡回して来ないのでランク内に戻ってこれなくなります。これは非常に残念でしょう。

なので、昔はどのようなブラックハットがあったのかなどは知っておいた方が良いです。もちろんそれを実行するためではなく、避けるために必要です。

新規顧客獲得のためのseoについて

新規顧客の獲得を行ううえで無視できないのが、インターネットを活用した広報活動です。

リスティング広告やseo対策を行って、サービスや企業名を目にする機会を増やして認知度アップを狙いましょう。

自社に関連性の高いキーワードを選定することも重要ですが、アルゴリズムの動きや注目ワードに絡めたキャッチを考えるのも大切です。

長期的な施策となりますので、すぐ順位に反映されないからといって焦らず、アクセス解析を行い、データ収集を行いましょう。

また、思いがけずアクセス集中したときに機会損失しないために、サーバの強化も重要です。

seoで効率良く集客する

seo対策する一番のメリットは、サイトを閲覧してもらえる可能性が上がるという点です。

サイト訪れるきっかけは検索エンジンでのキーワード検索が大部分となりますので、アルゴリズムにより上位表示されることで新規ユーザーを獲得できる可能性が高くなります。

すぐに効果を得たいなら広告を打つのもよいですが、広告費は年々上がって言って1クリックで数千円まで高騰しているものもあり、コストがかかりすぎてしまう場合もあります。

また、過剰な広告はユーザーにマイナスイメージを与えてしまうリスクもあります。

seo対策をして集客できるようになれば、広告費削減になりますし、情報を求める方に安定したアピールができます。

検索エンジンにおけるseo

ヤフーやグーグル等の検索エンジンでは独自のアルゴリズムを開発していて、検索した時に上位に表示されるホームページを精査しています。

自分のホームページやブログに訪問される確率を上げるためにはこれらのアルゴリズムの働きを理解してホームページ制作やseo対策を行う必要があります。

希望のキーワードで上位に入ることが難しければ、関連する別のキーワードとの組み合わせでの上位表示を目指しましょう。

ただし、過剰にキーワードを詰め込んでしまうと順位が降格してしまう危険性もあります。

また、検索エンジンは一定感覚で巡回していますので、プログラムの更新を定期に行っていくことも大切です。

seo対策でサイトを育てよう

seoアルゴリズムについてgoogleは正式に公開してはいませんが、生きているサイト、つまり更新頻度も重要になってきます。

検索ワードを大きく分けると一般系と指名系の2つがありますが、指名系ならばトップ3以内に確実に掲載されることが理想となります。

定期的に検索ワードや行動パターンからサイト改善を行い、地道に改善をしていけば結果はついてきます。

すぐに結果を出したいのであればリスティング等の有料広告を活用するのもよいですが、一過性のものでありサイトを、手塩をかけて育てて行くことが長期的な視点から考えて重要となります。

メニュー

TOP seoとは seo Google seo seo対策 seo大阪 ホームページ作成 ホームページ制作 ホームページ制作大阪

ページトップへ戻る